カテゴリ:アメリカのぼく( 43 )

僕がアメリカにわたったのが18歳のとき。
19歳のときに出会って、今でも仲良くしている1家族がアメリカいます。

まず最初に出会ったのはMiwa先生。
カイロのドクターでボクシングをやってた僕が治療に通ってました。
さっぱりとした先生の性格はとっても好きで、かわいがってもらいました。

その先生の旦那さんがTakuyaさん。
ボクシングに興味がとってもあって、Miwa先生から紹介されました。
それからボクシングの練習を一緒にやったり、ご飯に連れて行ってもらったり。
Takuyaさんはこっちの料理人。
寿司、焼き鳥をきわめて、今は割烹料亭で腕を振るっています。
どれも極めないと気がすまないTakuyaさんの料理は言うまでもなく絶品!!

そのTakuyaさんの誕生日だったので週末はサプライズをしにTakuyaさんには内緒で
ケーキを持ってお邪魔してきました。
Takuyaさんが帰ってくるのはいっつも夜中の1時過ぎ。
なのでいつもお邪魔するときは夜10時に行って、次の日の夜に帰ってきます。
それまで何をしてるかというとー・・・
ベビーシッター。

TakuyaさんとMiwa先生の間には3人の子供がいます。
しかも全員男の子。
そしてMiwa先生のお腹にいる4人目も男の子だそうです・・・
男3人が集まるとどんな大騒ぎになるかわかりますよね??もう大変!
c0159828_17584456.jpg

一番上のお兄ちゃんはTatsukiくん。
初めてであったときは僕が19歳、彼がまだ3歳だったかな?
今はもう9歳の立派なお兄ちゃん。
でもやっぱ騒ぎ始めると、とってもやんちゃ。
c0159828_17591574.jpg

2番目はTakeru君、3歳。
初めて会ったのはもちろん生まれたてのベービーのとき。
Fumiもこの子がベービーのときにあってます。覚えてるかな?
こんなな立派なお兄ちゃんになりました。
でも一番やんちゃで言う事聞きません。
c0159828_1759413.jpg

3番目はYukito君、1歳。
この子もあったのはまだベービーのとき。
一番体格がよくて、3番目でもみくちゃにされているので兄2人に相当ひどいことをされても
泣きません。
今は英語と日本語がごっちゃでしゃべります。
英語のほうがわかるみたいで、英語で注意するほうがよく効きます。

10時におうちにお邪魔したときにはみんな昼寝したから、目はギンギン!
僕が来ることも知っていたのでもうはしゃぐ気満々!!
Miwa先生はもうなれたもんでうまくいなして、全く相手にせず。
なので僕に3人とも集中してくるわけです。

Takuyaさんをまってて0時くらいかな?
3番目のYukito君が口に電池を入れました。
「食べ物以外は口に入れたらダメ!」っとすぐに取り上げました。
でも子供たちは「ダメ」=「もっと面白い事を」という芸人のような考えを持ってます。
3人もいれば自分が注目されたくて、もっと無茶な事をします。
そして僕が2番目の子をかまってるうちに・・・
苦しそうで「やっちゃった」みたいな顔をしてたのですぐに何か誤飲したのがわかりました。
1番上のお兄ちゃんがYukito君がペニー(1セントコイン)を口に入れたのを見かけてました。

すぐにMiwa先生と僕で「ひよこクラブ」的な本を出してきて「赤ちゃんの病気」特集を
読みあさります。
どうやら10円玉でも1-3日後にはほとんどでてくるみたいなので様子を見ることに。
コイン飲んでから急におとなしくなって「お腹いたーい」っていってるのが心配でしたが
様子を見ることに。
そしておとなしくなったままそのまま寝てしまいました。

Takuyaさんにも電話して病院行く時のために職場から帰ってくるように伝えました。
そして折角の「サプラーイズ」のはずが・・・
でも僕がいることにとってもビックリしてました。

そして次の日。
例のYukito君は元気、元気。
そしてお昼3時くらいにう○ちのにおいがプーン。
すぐに解体作業です。
ありました、ありました。
胃酸でピカピカになったペニー。
あー、よかった。

そして日曜日の夜は他のお友達もきて改めて誕生日パーティー。
大人5人に対して子供は8人・・・
Yukito君以外1人1回は泣いたし、鼻血出すわ、ドアに手をはさむわ・・・
大変でした。
それぞれの親にどれだけ怒られたか・・・みんな。
でもとってもにぎやかな楽しいパーティーでした!!

そして先生とTakuyaさんから・・・
c0159828_1834140.jpg

結婚祝いもらっちゃいましたー。
またFumiとおじゃましまーす。

帰り際、「帰っちゃヤダー」みたいなゴネではなくて、Yukito君がまるで恋人同士の別れ
のように無言で涙がポロポロ。
それをみた酔っ払いTakuyaさんも「わかるわー、その気持ち」っと言って号泣。
2人の泣いてる送り人と元気な3人に見送られて自宅に帰ってきたのでした。
[PR]
c0159828_10344910.jpg

昨日で秋のスポーツのレギュラーシーズンが終わりました。
フットボールは8勝2敗でプレーオフ進出。
バレーボールも8勝2敗でプレーオフ進出。
バレーボールはプレーオフ1回戦を突破。
しかし2回戦で強豪の前に敗れて完全にシーズン終了です。
女子テニスも数名プレーオフ進出。
クロスカントリーも何名かがプレーオフ進出しました。

これで僕の1年目の秋シーズンが終わり。
休みもなく月曜日からは男女バスケ、男女サッカー、レスリングの冬シーズン開始。
フットボールもまだプレーオフ中なので忙しくなりそうです。

風邪のほうは熱は一日だけでしたが、いまだに咳がヒドイ・・・
特に夜になると止まらずとってもしんどいです。
ボスには健康なもの食べろって・・・アメリカ人よりは健康なもの食べてるつもりやけどなー
先週のラインアップ。
最近はメニューを考えるのに試行錯誤で、Fumiだよりのメニューです。

c0159828_10372829.jpg

サバの味噌煮

サバの3枚おろしが手に
入るので調理は楽チン♪

脂のってて美味


c0159828_10392894.jpg
肉じゃが

LAでは切り落としや
こま切れ肉が手に入って便利

アメリカじゃないんですよ
塊のお肉しか


c0159828_1041459.jpg
メインはロールキャベツ

キャベツを上手にはがすの
が「キーッ!」ってなります



そんなこんなで体には気をつけてますが・・・
高校生はいろんなバイキン持ってるみたい。
ココ3ヶ月で2回目です・・・風邪。
[PR]
水曜日にノドに違和感を覚えた僕。
うがいをして、薬も飲んで予防予防。
だけど木曜日の朝も同じ感じの喉の違和感。
うがいしてそのまま仕事に行きました。

午前中のクリニックは「なんか風邪引きそうだよー」とかいいながら大丈夫でした。
だけど午後のフットボールの試合中。
恐ろしいくらいの寒気と体中の節々の痛み。
「あ、コレ熱でるなー」っと思って、仕事終わって6時には即効帰宅。
熱をはかると既に37.8度。ご飯食べて薬飲んだ時点で38.8度まで上昇。
そのまま寝ました。
0時におきてまた薬飲んでぐっすり。
おかげで金曜日には熱は下がり、咳だけになりました。

だけど木曜日14時間寝たせいで・・・腰痛悪化!!
Fumiが来てから新しい家具で新生活♪っと思ってるのでベッドもなし。
まー、ココの部屋にベッド置いたらそれでもう何も置けなくなるけどね。
金曜日は腰痛に悩まされました。

高校のスポーツのほうはそろそろ秋のスポーツから冬のシーズンへ。
水曜日はバレーボールのレギュラーシーズン最後の試合。
プレーオフがかかったとっても大事な試合でした。
しかも最上級生にとっては最後になるかもしれない試合。
試合前に家族紹介されたりするSenior Nightでした。
c0159828_1773617.jpg

以前お話した癌だったバレーボール選手。
今は投薬治療中ですが、最上級生の彼女は今日は会場に登場!!
会場はスタンディングオベーション、感動でした。
そして4年間バレーボールをやった彼女は最後に2プレーのみ試合にも参加!
彼女を支えるみんなの力で勝利ももぎ取る事ができました。
これで同率1位でプレーオフの出場権も獲得です。
一番心に残る試合となりました。

そして格上相手に2連敗だったフットボール。
今週は前半終わって42-0。
後半は1軍選手はプレーオフのために保温。
2軍選手のみで戦って、1得点も取れませんが取らせず。
42-0のまま見事勝利しました!!

バレーボール共にフットボールもプレーオフに行けそうで一安心☆

Go Tritons!!
[PR]
今週は中華でまとめてみました。
中華料理って入れる材料と調味料を変えたらなんかどれも作り方似てます。

c0159828_18263645.jpg
まずはお昼はラーメン

生ラーメンの時は角煮チャーシュー
と煮卵をわざわざ作ります

やっとこっちで生ラーメンのおいしい
の見つけて大満足!!


c0159828_18294766.jpg
晩御飯1品目はホイコーロー。

中国のお店に行けばほとんどの
醤が手に入ります。

ショウガ、ねぎ、にんにくを
甜麺醤味ベースで味付け。


c0159828_18352637.jpg
2品目はエビチリ。

えびは大きいまま使えば
よかったかな。

にんにく、ショウガ、豆板醤を
ケチャップベースで味付け。

ピリ辛がたまりません!


c0159828_1838357.jpg
3品目は麻婆茄子

ナス好きの僕は麻婆豆腐より
麻婆茄子!

ショウガ、にんにく、ねぎ、豆板醤を
味噌&オイスターベースで。

熱々トロトロのナスがたまらない!


c0159828_18421555.jpg
4品目は酢豚。

一度素揚げしたサクサク豚に
甘酸っぱい餡が。

野菜もたっぷりで栄養もあります。

コレはもちろん酢ベースの
調味料で。




今週作ったものではない紹介してなかったものを。

c0159828_18454660.jpg
有頭海老のエビフライと
コーンクリームコロッケ。

海老が安売りしていたのでフライに。

海老を頭ごと揚げると油が
一気に海老臭くなる・・・

コーンクリームコロッケは
市販のものです。


c0159828_18484934.jpg
そして余ってたゴボウで一品。

ゴボウやトマトを敷いてマヨ&チーズでピザ風に。

ゴボウが洋風と意外とマッチ!



なんかみてたら油物が多いかなー。

中華は油使うし、揚げ物も増えてきた・・・

Fumiのことばっかいってないで俺も気をつけて運動しよ!

まだメタボオヤジにはなりたくないですねー。

あと中華は油を使うのでガス台が汚れます。

片付けながら料理して2時間かかりましたよ。

でも中華主食4食はバイキングみたいでお腹もいっぱい!!
[PR]
2週間前まで無傷の6連勝だった我がTritons Football。
先週、そして今日の試合で2連敗です。

先週のゲームはNo1チームを倒して現在のNo1のTesoro。
前半戦を終えて21-10でリードされてます。
前半戦は攻撃陣がほとんど前に進めないほどの苦戦ぶり。
でも後半に入ると相手の動きが止まり、攻撃が繋がります。

残り時間1分。
攻撃はTritons、ゴールまで15ヤードで3rdダウン目。
あと1ヤードでまた4回プレイするチャンスが得られます。
点数は28-23でTesoro。
1タッチダウンが6点なのでタッチダウンすれば逆転勝ちです。
普通2プレイあって1ヤードならばほとんどの確立で進める距離。

しかしこの2プレイを物にできず・・・
No1チームを負かすチャンスを棒に振ってしまいました。
c0159828_1601078.jpg

そして今日の対戦相手はTesoroに負けるまでは何年もNo1の座に居続けた
Mission Viejo。
Tritonsは9年間もこのチームには勝てていません。
コーチがいうには今年は勝てるチャンスが大いにある我がTritons。

前半戦、またもやスロースタートで前半戦終わって28-10。
守備がまったく機能しなくて面白いようにTDされます。
しかし後半戦、やっとTritonsが復活。

残り1分半で42-37とまたもや5点差。
逆転の最後のチャンスです。
攻撃はTritons、タッチダウンまで80ヤード。
攻撃は面白いように決まり、残り20秒で残り20ヤード。
(フットボールは4プレイの間に10ヤード進めば攻撃が続けられて、
進めなければ攻守交替です)
ココに来て攻撃が滞ります。
残り15ヤードで3プレー目。残り11秒。

誰もが願った逆転サヨナラホームラン。
またまたコレが決まらず目の前まで来ていた勝利がこぼれ落ちました。

2戦とも逆転のチャンスまでホントにあと一歩のところでの敗戦。
チームは団結力も、精神力もあるのに何かが足りない証拠です。
いい経験になったんではないでしょうかねー。

おそらくプレーオフには進めそうなTritons。
残り2戦をもちろん2連勝が条件ですけどね。
この2連敗を糧に今度は大事な場面で勝ちに変えて欲しいものです。
c0159828_16263.jpg

今日のゲームの会場にあったコレ↑
下から風を送るとこのへんてこなやつがクネクネなります。
なんか好きなんですよね、動きとか。
c0159828_1623455.jpg

金曜日が試合で終わりが22時過ぎ。
土曜日は隔週で8時からクリニック。
土曜日試合のときはクリニックのそばのBossの家に泊まらせてもらってます。
先週は敗戦をもう一回テレビで見て(またテレビ放送されました)、初めて自分の姿を
テレビで見ました。
テレビのそばで寝るのはBossの番犬、ラスティー。

Go Tritons!!
[PR]
今日は最近仕事で感じる事を書きます。

アスレチックトレーナーという仕事は、怪我の予防、コンディショニング、怪我の応急処置、
怪我の診断、リハビリテーションまですべてこなします。
大学やプロレベルだと何人ものアスレチックトレーナーとアシスタントがいますが、
高校レベルだと雇われるアスレチックトレーナーは普通は1人。
つまり僕は1年目にしてヘッドトレーナーなわけです。
そしてすべてのスポーツをカバーしなければならないので1シーズンに5-6スポーツを
いっぺんに担当します。

高校で一番難しいことは相手が未成年者であること。
つまり緊急時の最終的な判断はアスリートの両親にあるわけです。
いくら僕が大事を取って救急車を呼びたかったり病院に連れて行きたくても親が「NO」と
いえば強制する事はできません。

昨日のゲームで2人のアスリートがフルスピードで激突。
一人はすぐに起き上がりましたが、もう一人は倒れたまま。
胸を強打したみたいです。
駆けつけると咳と同時に多くはないものの吐血してました。
口の中をチェックしても切れたりしていない、っということは体の内側からの流血。

息を吸うときと吐くときに微量の痛みがありましたが、肺の音を聞いても異常はなし。
だけどメディカルというのは最悪に起こりえる事を考えなければなりません。
内側からの血が止まらずに肺に流れたとしたら、それはりっぱな緊急事態。
血の量は微量だったので可能性は高くはないですが、起こらないとも限らない。

そのアスリートは対戦相手側のチームで両親も見に来ていました。
両親とアスリートに最悪の事態を説明して、病院にすぐに行くことをすすめました。
10分後にアスリートが戻ってきて「ゲーム終わってからじゃダメ?」
どうやらゲームを最後まで見たいらしいんです。
気持ちもわかりますがもちろん答えはNO。
だけど結局両親の判断で1時間以上もゲームが終わるまで病院にはいってませんでした

そしてフットボールの2戦目。
今度はまた対戦相手の選手ですが、下腕を骨折。
骨が肌を突き破ってはないものの、明らかに変な方向に曲がった腕。
その選手の母親がゲームを見に来ていました。
内出血によるショック症状を考えると、救急車を呼ぶのが通常ですが、母親にどうするか
尋ねると自分で病院に連れて行くとのこと。
病院は現場から20分ほどの場所。
その母親の判断は間違ってるとはいいませんが、最悪の事態を考えなければならない
メディカルスタッフと親との考えのギャップはどうしてもあるみたいです。

しかも両方のケースとも対戦相手の選手。
もう2度と会わないわけで、その後どうなったかも不明なのも気になります。
アメリカだと起こりうるのが忘れてた頃に訴訟の手紙がやってくるケース。
むちゃくちゃな理由をつけて訴訟する人もいるのでそこも怖いところですよね。アメリカは

あと難しいのが怪我の判断。
選手によって感じる痛みの度合いは同じ度合いの怪我でもまったく違うわけで、
まだプレーできるのか安静にするべきなのかの判断が難しいです。
怪我の経験が少ない高校生はまだ本当の痛みがなんなのかを知らないことも多々。
痛みの度合いを聞くのに僕がつかうのが0-10でどのくらい痛いか。
0はまったく痛くない、5は体重をかけたくないくらい、10は入院っとこんな感じ。
怪我したときは痛くてのた打ち回って泣いて、痛みのレベルも8。
そんなケースでも次の日になったら普通に歩いて、「ちょっとうずくけど大丈夫」っという
場合は多々あるわけです。
逆に「大丈夫、大丈夫」といい続けたのに重症だったという事もありえます。
なので何を自分の判断の基準にしたらいいかが難しいところですね。

選手でも練習を休みたいからと大げさに振舞う選手もいます。
逆にゲームに出たいからとなんでもないふりをする選手もいます。
コーチはスタメン選手ならなるべく出させたい、メディカルスタッフは選手の近い将来、
遠い将来を考えると無理はさせたくないのがほんとのところ。
無理させて次の大事なゲームを棒に振ったり、最悪選手生命を絶たなければなることは
なるべく避けたいわけです。

なので判断を下すのは試合のときは一瞬で選手の見解、診断、テスト、選手の心理状態、
チームの状態をすべて考慮しないといけないわけです。
それが今思う1年目でぶち当たった難しい悩みですね。

でも高校によっては文句を言ってくるコーチや親、保険のない選手など様々な
問題があります。
僕の通う高校はそういった問題はなく、恵まれていると思います。

そして最後に昨日知ったショックなできごと。
3週間前に僕のところに腰と右の下半身が痛いとバレーボール選手がきました。
症状からしてもSciatica(坐骨神経痛)だと判断してドクターに引き渡しました。
1週間前にあったときも「腰はどう?」っと聞くとやっぱ医者にいったらSciaticaで
今リハビリしてるといってました。
でも症状がまったくよくならず違う医者にかかると、Sarcoma(骨肉腫)という癌
だったそうです。
とってもレアなケースで成長期の若者に多い病気みたいですが、10年前に同じ病気に
かかった選手は亡くなったと聞きました。
たかが16歳の今まで普通にバレーボールをしてた選手が癌だったなんて・・・

長々と書きましたが、そんなこんなで毎日奮闘中です。
[PR]
今週はちょっと手抜きで楽チンメニュー。
c0159828_15453819.jpg
ととろ芋と納豆和え

シャリシャリとろろと
ネバネバ納豆が美味

ウズラ落としたかったな

ご飯のお供に


c0159828_15463422.jpg
お昼はとろろを使って
お好み焼き

ふんわりさっくりと


c0159828_15483120.jpg
仙台麩が安売りだったので
煮物に

仙台麩は味を吸うから
ジュワッとおいしい

秋らしくきのこを添えて


c0159828_15502852.jpg
今週作り置きメニューは
あったかお鍋

日本から持ってきたカレー鍋

カレーうどんみたいな味


c0159828_15514074.jpg
白菜、キャベツ、にんじん、
ねぎ、シメジ、しいたけ、
豚肉、豆腐・・・

材料追加で今週乗りきろ

そんなんで、あー楽チン


c0159828_15543618.jpg
そして今週の贅沢品は・・・

雲丹♪

大粒のどこ産やろ??


c0159828_15555851.jpg
半分はとろろ芋にのせて
オーブンへ

とろろのシャリシャリの
歯ごたえに雲丹がトロ~ッ

おいしい酒の肴


c0159828_15575437.jpg
半分はやっぱお刺身で

侮るなかれ

カリフォルニアの雲丹

甘みがあって美味でした


[PR]
今週は試合がたくさんありました。
火曜日はバレーボールの試合、木曜日がフットボール2試合とバレーバール1試合、
そして金曜日にメインのフットボール1試合。
毎日帰りが遅かったなぁ。

バレーボールが使ってる体育館はフロアも敷きなおしてピカピカ。
この学校はどんだけスポーツに力入れてるんだろ!?
その体育館を見守ってるのがマスコットトライトン。
なかなか迫力あるペイントです。
c0159828_8172787.jpg

うちのバレーボールチームはそんなに驚くほど強くはありませんが、スポーツに力入れてる
学校だけあって、レベルは上のほう。
短大でアスレチックトレーナーやった事もあったけど、こんなにレベル高かったかな??
相当強烈なボールが飛びかい、ブロックやレシーヴもうまい!
c0159828_817547.jpg

僕の通ってた大学サクラメント大学はいっつもカンファレンスでチャンピオンになるほど
強い学校だったのですが、高校レベルなのにそれにも引けをとりません。

日本の高校も強いところはこんなレベル!?もっと上?
だってオリンピック選手とかも出ちゃうくらいですもんね、高校生で。
その日本がなかなか勝てないアメリカだから、やっぱうまいのかなー?
よくわかりません。
c0159828_8183228.jpg

それにしてもみんな背が高い。
女子、男子関係なく普通に僕よりは大きいです。

昨日金曜日はメインのフットボールの試合。
しかも相手は永遠の宿敵DANA HILLSという高校。
なぜ敵対しあってるかって・・・隣の学校だから。
聞くところによると乱闘とかも起きるみたいです・・・

だけどうちのクリニックは僕と僕のBossのDanがSan Clemente高校、もう一人の
同僚とDanの相方DavidがDana Hillsのトレーナーな訳で、メディカルスタッフは仲良し。
試合前にはみんなで集まって写真取ったり、おしゃべりしたり。

Davidは冗談で「今日はうちが勝っちゃうから先に誤っておくよ」。
僕「いやいやー、うちはNO.9で無傷の5連勝、絶対に勝てないよ」っと談笑。

それに反してコーチ、選手はピリピリムード。
あるコーチは選手に「俺たちはみんなDana Hillsが嫌いだ!!必ず勝てっ!!」
でもこのDana Hillsはここ10年で一番強いみたい。
確かに1週間前はNo.8の高校に1点差で惜敗。
いい試合になりそうです。

誰が作ったのかロッカールームに飾ってあったこれ。
c0159828_8191025.jpg

本日のおススメ料理: マヒマヒの丸焼き
他にも「It's Sushi Time!!」
っとDana Hillsのマスコットのイルカがトライトンが持ってるモリで串刺しになった絵。
いくら日本人もイルカは食べませんよー!!

試合は点の取り合いで41-31でSan Clementeの無傷の6連勝!!
だけど僕はこの勝ちもなんだか全然うれしくない。
ライバルに興奮してペナルティーはいっぱいでるは、けが人も続出・・・
一番疲れた試合でした。

来週はNo7、再来週はNo1との試合。
こんな試合やってるようじゃ2連敗は確実。
もうちょっと冷静になってフェアに勝って欲しかったな。
もうちょっと気合入れて頑張れ!Tritons!!
[PR]
小学校から地元のソフトボールチームに入り、中学でも野球部に所属した僕。
典型的な野球少年でした。
おばあちゃんと父親の影響があって、大の巨人ファン。
あの頃は毎日のように流れる巨人戦を見て楽しんでました。
当時はよく東京ドームの巨人戦のチケットも何らかの形で(読売新聞??)もらって、
何回もおばあちゃんと足を運んだ記憶だあります。野球帽をかぶって。

僕の印象に残ってるのはセ・リーグは藤田監督率いる巨人、パ・リーグは森監督率いる
西武がむちゃくちゃに強かった頃。
そのときの野球がなんか一番好きだったかな。
よく野球でその選手になりきってプレーしてました。

巨人
監督        藤田
1番ショート   川相
2番セカンド   篠塚
3番センター   クロマティー
4番レフト     原
5番サード    岡崎
6番ライト     ブラウン
7番ファースト  駒田
8番キャッチャー中尾
9番ピッチャー  桑田、斉藤、槇原・・・

西武
監督        森
1番セカンド   辻
2番ライト     平野
3番センター   秋山
4番ファースト 清原
5番指名打者  デストラーデ
6番サード    石毛
7番レフト     吉竹
8番キャッチャー伊東
9番ショート   田辺
ピッチャー    工藤、渡辺久、郭・・・

今はこの頃活躍してた原が巨人、伊東が西武、秋山が次期ダイエーの監督になるなど
世代交代が垣間見えますね。
ぜひあの頃の熱い野球を引き継いでほしいなー。
最後の砦、清原は引退、工藤はまだ投げるみたいですね。

王監督もとうとう監督を辞任するそうで。
この前僕の勤めるリハビリクリニックに来た、JOEという患者。
メジャーリーグのスカウトのT-シャツを着て大物感たっぷり。
俺のボスが僕に「JOEのストレッチしてー」と頼んできました。
初めての患者さんにはもちろん軽い自己紹介。っといっても正式なものじゃなくてもちろん
ストレッチしながらの会話みたいな感じ。
「今はサンクレメンテの高校でアスレチックトレーナーやってる」とか
「サクラメントの大学卒業した」とかそんな感じ。

ふとしたことで日本から来た話題になりました。
するとJOEは「王監督って巨人のマネージャー(監督)だったっけ?あれ?長嶋だった?」
「おー!なかなか日本の野球語れますなー!」と思いながら、「長嶋は昔巨人の監督で、
王は福岡のマネージャーだったけど、もう今年で辞任するんだ」っと教えてあげました。
するとJOEは「1966年だったなー、俺は王と長嶋と対戦した事があるんだ」っと。
やっぱ大物でした、この人。

家に帰ってネットで検索。
JOE MOELLERは1942年生まれ。
だから王・長嶋と対戦した1966年は24歳で一番スポーツ選手としては脂の乗る頃。
LAドジャースのピッチャーだったそうな。
しかも若手にしてドジャースのエース。
今でも塗り替えられない19歳にしてドジャースでスターターのピッチャー。
そして1966年にドジャースはワールドシリーズに進出。そこで投げる。
今はフロリダ・マーリンズのスカウトだそうです。

そんな人と今こうして巡り合って、ストレッチしてる。
しかもアメリカで。
やっぱスポーツ界って面白いですわ。
アスレチックトレーナーになってよかった♪
[PR]
今週のディナーのラインアップです。
先週買った「男山」を晩酌してしまうので、どうしてもお酒に合う料理みたいに・・・。
新婚早々飲んだくれです。

c0159828_13331011.jpg
まずは豚のしょうが焼き。

Fumiに「何食べたい?」
で決まった一品。

世の主婦は毎日献立
考えるの尊敬です。


c0159828_13345097.jpg
第二品はチンジャオロース。

野菜とお肉のバランスよし。

久々のピーマンでした。


c0159828_1336647.jpg
最近のハマリ料理。

ゴボウのから揚げ。

フレンチフライみたいでしょ?

下味がしっかりついていて
そのままでもOK。

つまみには塩とレモンで♪


c0159828_1338481.jpg
今週の贅沢品は
銀ダラの粕漬

酒粕ないのでさすがに
自分では・・・

シャケと交互で食べてます


c0159828_1340331.jpg
今週の贅沢品の予定は
いくらか雲丹。

だけどお店にいったら・・・

銀ダラ3尾0.14セント

15円です・・・

重さは・・・4g。

完全にシール発行ミス。


[PR]